BLOG

ブログ

 

絵画殺しの犯人は誰か?

前回では、絵画殺しを行なったであろう犯人は、作家の中にいたのではないかと推理し、重要参考人として、マルセル・デュシャンを取り上げた。

その前に、アートが権威や組織を作り出すことがいかがわしいという考え方がある。
アートは、世俗的なものでなく、純然たるものであるべきという考え方である。

この考え方の背景には、アートは特別なものだという固定観念があるのではないか?
アートは政治や経済とは無縁のもので、特別な才能を持ったものが宿命的に成し遂げる営為とでもいうべきであろうか。

ルネサンスから中世を経て、近代までの作家像は、確かにそう捉えられても仕方ない側面はある。しかしながら、アートが持つ権威や組織の問題は、何もアート特有の問題ではなく、 これはイデオロギー自体が内包する問題なのである。 

例えば、2020年現在の日本で暮らす我々は、資本主義という経済システムの中で暮らしている。アートは基本的に、政治や経済よりも大きな存在にはなり得ないと私は考える。したがって資本主義というシステムの中で、それを肯定しようがしまいが、アート自体は、包括されるものと考える。

したがって、反権威を標榜して、「絵画を殺す」ことは、何ら解決にならず、凡そアート外の世界からは、理解されないのも無理はない。

そして殺された絵画は、ポップアート、抽象表現主義というイズムの中で辛うじて 生き長らえる。 しかしながら、ミニマルアート、コンセプチュアルアートの出現により、完全に抹殺された。

さて「誰が絵画を殺したか?」
私は、フランク=ステラを主犯と考える。 ステラといえば、抽象表現主義の作家で、主にストライプを用いて、絵画とも彫刻 とも取れる作品で有名である。
またミニマルアートの先駆者とも言われている。 彼の言葉に重要な証拠がある。 「目に見えているものが全てであり、それ以上でも以下でもない」 この言葉は、次のようなことを示している。 1、絵画には何か意味や思想が背後にあるのではなく、見えるものが全てである。 2、絵画の背後に目に見えない意味や思想があるというのは、幻想に過ぎない。 3、背後を持たないが故に、絵画を作ることは物質としての強度と表現効果を意図 した装置付けが重要である。

ミニマリストが絵画を嫌った理由として、絵画の背後にあるものにいかがわしさを 感じたからである。 目に見えないものは、権力やイデオロギーに取り込まれ、それ自体が権威となると 考えたのである。

 

Who killed the painting? (3)

Who is the culprit in the painting killing?

Last time, I inferred that the criminal who would have killed the painting was among the painters, and took up Marcel Duchan as an important reference.

 

Before that, there is the idea that it is suspicious that art creates authority and organization.

The idea is that art should be pure, not mundane.

 

Isn’t there a stereotype behind this idea that art is something special?

Art has nothing to do with politics or the economy, and should it be said that art is destined to be accomplished by those with special talents.

 

The image of a writer from the Renaissance to the Middle Ages to the modern era certainly has some aspects that can be perceived as such. However, the issue of authority and organization that art has is not a problem peculiar to art, but it is a problem contained in the idealism itself.

 

For example, we, who live in Japan as of 2020, live in the economic system of capitalism. I don’t think art can basically be bigger than politics or economy. Therefore, whether or not we affirm it in the system of capitalism, we think that art itself is inclusive.

 

Therefore, advocating anti-authority and “killing paintings” is not a solution, and it is no wonder that it is not understood by the world outside of art.

And the killed paintings barely survive in the ism of pop art and abstract expressionism. However, with the advent of minimal art and conceptual art, it was completely wiped out.

 

Now, “Who killed the painting?”

I consider Frank Stella to be the principal. Speaking of Stella, he is an Abstract Expressionist writer and is famous for his works, which can be taken as paintings or sculptures, mainly using stripes.

He is also said to be a pioneer of minimal art. There is important evidence in his words. “What is visible is everything, nothing more or less.” The phrase indicates that: 1. There is no meaning or idea behind the painting, but everything that can be seen. 2. It is only an illusion that there is an invisible meaning or idea behind the painting. 3. Because it has no back, it is important to attach a device that is intended for strength as a substance and expressive effect in making a painting.

 

The reason why the minimalist hated painting was that he felt suspicious about what was behind the painting. He thought that the invisible was taken into power and ideology and became an authority in itself.

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA