BLOG

ブログ

絵画を死に至らしめた犯人を探す 第2回

もう一つは、作家自体が「絵画の死」を積極的に進めた事である。 一般的には、マルセル・デュシャンの「レディメイド」、 またミニマルアートからコンセプチャルアートへの流れが、それに該当する。マルセル・デュシャンの画家としての経歴をみると、初期は印象派、フォービズム、 キュビズム、未来派の影響を受け、絵画を制作していた。1913年にニューヨークで発表した「階段を降りる裸体No2」が話題を呼び、一躍時 代の寵児となる。 一方で、デュシャンは、所属していたグループの中で、作品を巡って対立し、「階段を降りる裸体No2」については題名の変更を求められたため、グループ展に出品していた作品を取り下げたとも言われている。

原因は特定できないが、これ以降デュシャンは、絵画を放棄し、アートを既成概念の枠から外す事に生涯を 費やす。

デュシャンがどうかは別にして、絵画を制作する中で、アートの持つ権威や、アートを形 成する組織の中のヒエラルキーに疑問や嫌気がさした結果、新たな表現に活路を見 出す作家が多い。

そして、先鋭的な評論家達もそのような作家を擁護し、絵画にこだわる作家は古い と決めつけたのである。

Who killed the painting? (2)

Search for the criminal who killed the painting Part 2

The other is that the artist himself actively promoted the “death of painting”. In general, Marcel Duchamp’s “ready-made” and the flow from minimal art to conceptual art fall into this category. Looking at Marcel Duchamp ‘s career as a painter, his early days were influenced by Impressionism, Fauvism, Cubism and Futurism, creating paintings. “Nude Descending the Stairs No. 2” announced in New York in 1913 attracted a lot of attention and became a darling of his era. On the other hand, Duchan was exhibiting at a group exhibition because he was asked to change the title of “Nude Descending Stairs No. 2” due to a conflict over his work in the group he belonged to. It is also said that the work was withdrawn.

 

Although the cause cannot be determined, Duchan will spend his life abandoning his paintings and removing his art from preconceived ideas.

 

Regardless of whether Duchan is or not, as a result of doubts and disgust at the authority of art and the hierarchy within the organization that forms art while producing paintings, there are artists who find a way to new expressions.

 

And the cutting-edge critics also defended such an artist, and decided that the artist who was particular about painting was an old one.

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA