BLOG

ブログ

「網膜的絵画」とはマルセル・デュシャンが絵画を否定的に見る際に使われる言葉である。

「印象主義の到来以来、視覚的作品は網膜でとどまっている。印象主義、フォービズム、キュービズム、抽象絵画などと言っても、必ず網膜的な絵画だ。色彩反応云々といった物理的配慮のために、脳組織の反応が二次的なものに貶められている。」

「網膜があまりに大きな重要性を与えられているからです。クールベ以来、絵画は網膜に向けられたものだと信じられてきました。誰もがそこで間違っていたのです。…(中略)…以前は、絵画はもっと別の機能を持っていました。それは宗教的でも、哲学的でも、道徳的でもありえたのです」

デュシャンが網膜的と表した意味について考えてみる。クールベを批判しているが、クールベという作家の本質を、デュシャンは完全に見抜いている。

ギュスターヴ・クールベ(1819-1877)は、当時の画壇の潮流であった、絵画の理想化を拒否。視覚に忠実なレアリスムを確立し、写実主義の中心的存在であった。
クールベは自分が実際に現実で見たものだけを描き、宗教的な伝統的な主題や前世代のロマン主義的幻想絵画を否定した。絵画の批評家や一般の人々は、実際の生活よりも良く描かれている絵画に慣れていた。クールベはこれに反対し、普通の場所や人々をそのまま描いた。クールベの伝統的芸術からの自立は、のちの近代美術家へ大きな影響を与えた。

美術史的にみるなら、クールベの果たした役割は大きいと私は思う。絵画を宗教や神話から自立させたことは、のちの抽象表現主義に至るまでの大きな岐路となった。 

デュシャンが否定した「網膜的絵画」とよんだクールベ以降の芸術を、他になんと表現したらいいだろうか?

おそらく彼が否定したかったのは、そのような作品だけではなく、そのような作品を芸術として見ようとする「網膜的」な見方(鑑賞)ではなかったか?

What is “retinal painting”?

“Retinal painting” is the term used by Marcel Duchamp to view paintings negatively.

“Since the advent of Impressionism, visual works have remained on the retina. Impressionism, Fauvism, cubism, abstract painting, etc. are always retinal paintings. Due to physical considerations such as color reactions, The reaction of the brain tissue is diminished by secondary ones. “

“Because the retina has been given too much importance. Since Courbet, paintings have been believed to be directed at the retina. Everyone was wrong there …. … before. The painting had a different function: it could be religious, philosophical, or moral. “

Consider what Duchan described as retinal. Although he criticizes Courbet, Duchan completely sees the essence of the writer Courbet.

Gustave Courbet (1819-1877) rejected the idealization of painting, which was the trend of the art world at that time. He established a visual-faithful realism and was the centerpiece of realism.

Courbet painted only what he actually saw in reality, denying traditional religious themes and previous generations of romantic fantasy paintings. Painting critics and the general public were accustomed to paintings that were better depicted than in real life. Courbet opposed this, and he portrayed ordinary places and people as they were. Courbet’s independence from traditional art had a great influence on later modern artists.

From the perspective of art history, I think Courbet played a major role. The independence of painting from religion and mythology was a major crossroads to later Abstract Expressionism. Twice

What else should we express the art after Courbet called “retinal painting” that Duchan denied?

Perhaps what he wanted to deny was not just such a work, but a “retinal” view (appreciation) of trying to see such a work as art.

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA