BLOG

ブログ

ゲルハルト・リヒターといえば、現代絵画の巨匠として世界的に有名な作家です。リヒター の作品の印象は、「難解」の一言に尽きます。リヒター の作品の特徴は、目まぐるしく作風が変わること。初期の蝋燭や人物を描いたフォト・ペインティングや、カラーチャート、グレイ・ペインティング、アブストラクト・ペインティング、さらにガラスや鏡を使った作品など、多岐に渡る表現手法で、リヒターは絵画の可能性を切り開いています。

リヒターのアブストラクトアートを見ていると、モダニズムの影響を受けているように見えますが、そのスタイルに積極的な意志は存在せず、モダニズムからは距離を置いている印象があります。美術史の文脈で見ていくと、リヒターはモダニズム絵画を終焉させ、マルセル・デュシャンの「レディメイド」を絵画において継承した作家という位置付けになると思われます。

今回はリヒター絵画についての私個人の感想を書かせていただきます。

リヒターの絵画は、二つの拮抗する力によって成り立っている、それは陰陽という考え方に近いと私は考えます。陰陽とは、中国の思想に端を発し、森羅万象、宇宙のありとあらゆる事物をさまざまな観点から陰と陽の二つのカテゴリに分類する思想。陰と陽とは互いに対立する属性を持った二つの気であり、万物の生成消滅と言った変化はこの二気によって起こるとされています。

具象と抽象,多彩とモノクローム,写真と絵画,現実と幻影といった二律背反するものによってリヒターの絵画は作られています。

リヒターの表現は、カンディンスキーのように具象的表現から抽象的表現に、一方向に還元されるのではなく、具象的な表現と抽象的な表現を双方向に行き来します。そう言った形で制作する作家は、モダニズムの作家には見当たりません。具象と抽象を例にあげます。陰陽思想から考えるなら、具体的な事物の情景として認知されるイメージは具象的であり、それ以外は抽象という解釈になります。リヒターの初期の傑作とされる写真を撮って、それを油彩画で表現するリアリズム絵画があります。更にリアリズムとして、ある絵画や風景の一部を拡大してリアルに描いた作品があります。どちらの作品も手法は同じですが、完成した作品は全く異なります。前者は具象的なイメージが読み取れますが、後者は何がなんだかよくわからない抽象的?なイメージです。私がリヒターの作品から感じるのは、我々が作品を見る前提となるものは実は無意識に、無自覚にフィルタリングされたものであるということに気付かされるということ。すなわち具象的なイメージと抽象的なイメージとは、我々の考えや慣習によってフィルタリングされた世界であり、フィルタリングで除去されたものが実は存在するという事です。

MAY

2021

Gerhard Richter’s “Esoteric Painting”

Gerhard Richter is a world-famous writer as a master of contemporary painting. The impression of Richter’s work is just one word, “esoteric.” The characteristic of Richter’s work is that the style changes rapidly. Richter has the potential to paint with a wide range of expression techniques, including early candles and photo paintings of people, color charts, gray paintings, abstract paintings, and even works using glass and mirrors. Is carving out.

Looking at Richter’s abstract art, it seems to be influenced by modernism, but there is no positive will in the style, and I get the impression that it is far from modernism. In the context of art history, Richter would be positioned as a writer who ended modernist painting and inherited Marcel Duchamp’s “ready-made” in his paintings.

This time, I would like to write my personal impression of Richter painting.

Richter’s paintings are made up of two competing forces, which I think is close to the idea of ​​yin and yang. Yin and yang is an idea that originates from Chinese thought and classifies all things in the universe into two categories, yin and yang, from various perspectives. Yin and yang are two qi with attributes that are in opposition to each other, and it is said that changes such as the creation and annihilation of all things are caused by these two qi.

Richter’s paintings are made up of contradictory things such as concrete and abstract, colorful and monochrome, photography and painting, and reality and illusion.

Richter’s expression goes back and forth between concrete and abstract expressions, rather than being reduced in one direction from concrete to abstract as in Kandinsky. I don’t see any modernist writers who produce in that way. Take concrete and abstract as an example. From the perspective of Yin-Yang thought, the image recognized as a scene of a concrete thing is concrete, and the rest is interpreted as abstract. There are realism paintings that take pictures of Richter’s early masterpieces and express them in oil paintings. Furthermore, as a realism, there are works in which a part of a painting or landscape is enlarged and drawn realistically. Both works have the same method, but the finished works are completely different. The former can read a concrete image, but the latter is an abstract that I do not understand what it is. It is an image. What I feel from Richter’s work is that we realize that the premise of seeing the work is actually unknowingly and unknowingly filtered. In other words, concrete images and abstract images are worlds filtered by our thoughts and customs, and there are actually things that have been filtered out.

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA