BLOG

ブログ

しばらく制作から遠ざかっていましたが、2014年頃から再開しました。これらの作品には、明確なコンセプトのようなものはありません。身の回りの興味のある対象を描いただけの作品です。当時を思い出すと、とても絵を描けるような精神状態ではありませんでした。当時の私にとって「描く」という行為は、「治療」でもあったように思います。

I had been away from painting for a long time, but it resumed around 2014. There is no such thing as a clear concept in these works. It is a work that only depicts the objects of interest around me. When I recall those days, I wasn’t in a state of mind that I could draw. For me at that time, the act of “painting” was also a “treatment.”

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA