BLOG

ブログ

自然のイメージを精巧に描いた絵画や彫刻を制作するアメリカ出身の女性アーティスト、ヴィヤ・セルミンス。

彼女の作品を見て感じることは、『写実』とは何かという、現代絵画の問いかけではなかろうか。

彼女が選んでいるモチーフはどれも興味深く、また特異性があります。

1960年代の作品は、テレビ、ランプ、鉛筆、消しゴム、写真のモノクローム複製などのありふれたオブジェクトを再現しました

また銃や戦闘機などを描いた作品には、題材としては『暴力』的とも言えるが、作品から感じられる印象は、感情を抑制し、客観的に描くことを心掛けているように見えます。

1960年代後半以降のセルミンズの作品、月の景観、海面、星のフィールド、貝殻、クモの巣は代表作品です。これらの仕事から、私が感じることは『具象的な表現は突き詰めると抽象性を帯びる』ということです。ここで私が『抽象性』と述べた意味合いは『普遍性』『本質性』と同義です。

近年手掛けられた夜空と波のメゾチントなどの作品からは、感情を抑えて、そのもの自体から、本質を学び取ろうとする意識が感じられます。

私なりにセルミンスの芸術を語るなら、『何を描くのか』という現代作家が直面する問題についての解答を提示し得る作家だと思います。

“What is realism in contemporary painting?” Vija Celmins

Vija Celmins, an American female artist who creates paintings and sculptures that delicately depict images of nature.

 What I feel when I see her work is the question of contemporary painting, what is “realism”.

 All the motifs she chooses are interesting and unique.

 Her work in the 1960s recreated mundane objects such as televisions, lamps, pencils, erasers, and monochrome reproductions of photographs.

 She can also be said to be “violent” in her work, which depicts her guns and fighters, but the impression I felt from her work is to suppress emotions and draw objectively. 

 Her works since the late 1960s, the landscape of the moon, the surface of the sea, the fields of stars, seashells and spider webs are her representative works.  From these works, I feel that “concrete expressions take on abstraction when scrutinized.”  The meaning I mentioned here as “abstract” is synonymous with “universality” and “essence”.

 From her recent works such as the night sky and the mezzotint of the waves, you can feel the consciousness to suppress emotions and learn the essence from itself.

 Speaking of the art of Sermins in my own way, I think she is a artist who can offer answers to the problems faced by contemporary artists, “what to draw.”

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA