BLOG

ブログ

ARTWORKS

萱アートコンペ2022 入選しました

昨年入選しました萱アートコンペ2022に今年も出品しました。結果は入選。今回出品した作品は、自分では新しい試みを試したものの、上手くいかなかった作品でしたので、入選出来るとは思っていませんでした。プラスチックのショーケースに、4枚のレイヤーを作ってそのレイヤーを通過した像を作品としました。表面に光が当たるの...

ARTWORKS

第三回枕崎国際芸術賞展入選に寄せて

この度、第三回枕崎国際芸術賞展に入選しました。1128点(過去最多)という応募作品数には驚きましたが、その中の62点に選ばれたことに大きな喜びを感じています。今回のブログでは入選した私の作品『nostalgia』についてお話しさせて頂きます。 この作品の構想は『ルイ・アームストロングの部屋』という設定で構想...

ARTWORKS

第2回三越 伊勢丹 千住博 日本画大賞展の電子カタログが公開されました。

受賞作品と入選作品の計20作品と撰者である千住博先生のお言葉が掲載された図録が電子カタログにて公開されました。 受賞作品展覧会 会期:2022年8月24日(水)~2022年8月29日(月)最終日は午後5時終了  会場:日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊 この展覧会には、出品作品とは別に10号サ...

ARTWORKS

第2回 三越伊勢丹 千住博日本画大賞 に入選しました。

日本画のコンクールに出品した理由 私は大学ではアカデミックな彫塑を専攻し、大学卒業後は絵画を制作して来ました。油絵を大学在学中に学んだこともあるので、自分の作品は洋画だと思っていました。 そんな私が日本画のコンクールに出品したのは、やはり、千住博先生に作品を見て頂きたいと思ったのが、最大の理由です。今までた...

ARTIST

『潜在的な欲望と覚醒された記憶』リュック タイマンス

リュック タイマンスは国際的に著名な作家で、現代アートの中で絵画表現の可能性を切り拓いた作家と言われている。 タイマンスの表現について、いくつも語られている文章がある。これらを読んでも、今ひとつ納得できないのは私だけであろうか。 私がタイマンスの作品を知ったのは、美術手帳で特集されていた記事が最初です。第一...

ARTWORKS

『イリュージョンからの脱却』千住博

ワールドワイドに活躍されている日本画家 千住博さん。日本画という定義は、明治時代に洋画(油絵)との比較で生まれた概念です。千住さんは、自らを日本画家と名乗っておられます。日本古来から伝承される絵画技法を受け継ぎ、今日的な絵画の課題に挑戦されている作家です。 著書である『芸術とは何か』を拝読しましたが、千住さ...

ARTWORKS

『現代絵画における写実とは』ヴィヤ・セルミンス

自然のイメージを精巧に描いた絵画や彫刻を制作するアメリカ出身の女性アーティスト、ヴィヤ・セルミンス。 彼女の作品を見て感じることは、『写実』とは何かという、現代絵画の問いかけではなかろうか。 彼女が選んでいるモチーフはどれも興味深く、また特異性があります。 1960年代の作品は、テレビ、ランプ、鉛筆、消しゴ...

ARTWORKS

『現代のリアリティ』フィリップ コニェのアート

現代美術の作家はブログではあまり取り上げていませんが、興味がないわけではありません。むしろ、現代アート(定義については触れません)には、特に身体性、五感を刺激し、これまで持っていた自分の感覚が変わってしまうような作品に惹かれます。そのような作品は、絵画ではなく、立体作品やインスタレーションに見られるように思...

ARTWORKS

アンディウォホールのアートとは 

既知という共通感覚によるアート アンディウォホールと言えば、キャンベルスープなどの大量消費物、マリリン・モンロー、エルビス・プレスリーと言った有名人をシルクスクリーンによって平面的に表現した作品が有名である。キャンベルスープにしろ、モンローにしろ共通している事がある。それは多くの人が「知っている」という事で...