BLOG

ブログ

ARTWORKS

「網膜的絵画」とは

「網膜的絵画」とはマルセル・デュシャンが絵画を否定的に見る際に使われる言葉である。 「印象主義の到来以来、視覚的作品は網膜でとどまっている。印象主義、フォービズム、キュービズム、抽象絵画などと言っても、必ず網膜的な絵画だ。色彩反応云々といった物理的配慮のために、脳組織の反応が二次的なものに貶められている。」...

ARTIST

セザンヌから学んだこと

後期印象派の巨匠といえば、私の場合にはポール・セザンヌという画家が先ず頭に浮かびます。セザンヌは、後期印象派にカテゴライズされています。 セザンヌの作品は、ややもすると難解な印象を与えます。独特の縦や斜めのサクサクしたタッチ、画面に堂々と残した塗り残し。 一般的に後期印象派の代表的な作家はゴッホとゴーギャン...