虚ろな夢

立体と絵画を組み合わせて、物語(ストーリー)を感じさせることをテーマにした。

京都文化博物館 1998年

立体と絵画を関連づけて制作した。