WORKS

WORKS一覧

COMPOSITION

私にとっての『構成」は、明確である。

「水平と垂直」この2つのベクトルを画面に意識することで、平面性と立体性を同時に獲得すること。

ジャコメッテイは、人物を正面から描いたデッサンを多数残している。デッサンをする過程で、画面に執拗に水平線と垂直線を入れている。

そして作品は、未完成のままである。

ジャコメッテイは、現実に存在するもの、それそのものを描こうとした。

しかしながら、3次元の物体を2次元で完全に表現するには限界がある。

ジャコメッテイの作品は結果として、「存在するものを存在する通りに描く」ことの不可能性についても表現されていると言える。

私はジャコメッテイの残した絵画には、何物にも代え難い力が存在し、まさしくその文脈から新しい作品を創造したいと思う。

The “composition” for me is clear.

“Horizontal and vertical” By being aware of these two vectors on the screen, it is possible to obtain flatness and three-dimensionality at the same time.

Jacometti has left many drawings of people from the front. In the process of drawing, I relentlessly put horizontal and vertical lines on the screen.

And the work remains unfinished.

Jacometti tried to depict what actually exists, itself.

However, there is a limit to completely expressing a three-dimensional object in two dimensions.

As a result, Jacometti’s work also expresses the impossibility of “drawing what exists as it exists.”

The paintings left by Jacometti have an irreplaceable power, and I would like to create a new work from that very context.

CATEGORIES

concept work, print work