WORKS

WORKS一覧

PHENOMENOLOGICAL REDUCTION

「現象学」とは

現象学は哲学の一分野とされていますが、これは「真理とは何か」を問う類の哲学とは異なります。現象学はむしろ、「それが真であると確信される(あるいは“認識される”、“妥当する”)のは何故、どのようにしてか」を問うための“方法論”であり、“思考原理”です。

「現象学的還元」とは

「エポケー(判断中止)」と共に用いられる現象学の中心概念で、E.フッサールが最初に提示しました。

現象学では、あらゆる認識行為は「主体による生活世界の“主観的な確信”である」と考えます。その生活世界が自分に立ち現われてくるその「確信の成立の条件と構造」を問うて明らかにする行為を現象学的還元と呼びます。

ジャコメッテイは、現実に存在するもの、それそのものを描こうとした。その姿勢は現象学的に自分の世界を探求しているように見える。

しかしながら、3次元の物体を2次元で完全に表現するには限界がある。

「水平と垂直」この2つのベクトルを画面に意識することで、平面性と立体性を同時に獲得すること。

ジャコメッテイは、人物を正面から描いたデッサンを多数残している。デッサンをする過程で、画面に執拗に水平線と垂直線を入れている。

そして作品は、未完成のままである。

ジャコメッテイの作品は結果として、「存在するものを存在する通りに描く」ことの不可能性についても表現されていると言える。

私はジャコメッテイの残した絵画には、何物にも代え難い力が存在し、まさしくその文脈から新しい作品を創造したいと思う。

What is Phenomenology?

Phenomenology is considered a branch of philosophy, but it is different from the kind of philosophy that asks “what is truth? Phenomenology is rather a “methodology” to ask “why and how is it certain (or “recognized” or “valid”) that something is true? It is a “methodology” and “principle of thought” to ask “why and how is it believed to be true (or “recognized” or “valid”)?

What is “phenomenological reduction”?

Phenomenological reduction is a central concept in phenomenology, first proposed by E. Husserl, which is used together with “epistemology.

Phenomenology considers every act of cognition to be a “subjective belief” of the subject in the living world. The act of questioning and clarifying the “conditions and structure of the formation of the belief” in which the living world appears to oneself is called phenomenological reduction.

Jacometti tried to depict what exists in reality, itself. His attitude appears to be a phenomenological exploration of his world.

However, there is a limit to how completely a three-dimensional object can be represented in two dimensions.

Horizontal and vertical” By being conscious of these two vectors in the picture plane, he must simultaneously acquire flatness and three-dimensionality.

Giacometti left many drawings of human figures from the front. In the process of drawing, he persistently adds horizontal and vertical lines to the picture plane.

And the works remain unfinished.

As a result, it can be said that Giacomettei’s works also express the impossibility of “painting what exists as it exists.

There is an irreplaceable power in the paintings left by Giacomettei, and it is in this very context that I would like to create a new work.

CATEGORIES

concept work, drawing, painting, photo work, print work