WORKS

WORKS一覧

cuba

CUBAは、一番行きたい国である。街、車、人々、何もかもが美しい。

勿論、美しい花に棘があるように、CUBAにも闇はあるのだろう。

映画監督のヴィム・ベンダースが1990年に制作したドキュメンタリー映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」

音楽家のライ・クーダーがキューバで、かつての偉大なミュージシャンを探し出し、世に知らしめるという内容で、

映画やミュージックCDなどが世界的に大ヒットした。

CUBAは、長い間、スペイン、アメリカの支配下に置かれ、1959年にカストロによる革命新政権が発足。反米、親ソ連の社会主義国となった。

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のメンバーのほとんどが、1960年代までは、音楽家として活躍していたが、それ以降は別の仕事で生計を立てていた。

「個人が自由を得ることが、いかに難しいことか」考えさせられる。

 

CUBA is the country I want to visit the most. The city, cars, people, everything is beautiful.
Of course, just as beautiful flowers have thorns, CUBA may have darkness.
The documentary film “Buena Vista Social Club” produced by film director Wim Wenders in 1990.
Musician Ry Cooder seeks out and informs the world of the great musicians of the past in Cuba.
Movies and music CDs were huge hits worldwide.
CUBA has long been under the control of Spain and the United States, and in 1959 a new revolutionary government was inaugurated by Castro. It became an anti-American, pro-Soviet socialist country.
Most of the members of the Buena Vista Social Club were active musicians until the 1960s, after which they made a living from another job.
It makes me think “how difficult it is for an individual to get freedom”.

CATEGORIES

photo work