WORKS

WORKS一覧

Mass consumption

アンディ・ウォホールのキャンベルスープにしろ、モンローにしろ、扱われ方は皆「等価」である。近代の巨匠セザンヌは、「自然を円筒形と球形と円錐形によって扱いなさい」という言葉を残している。これもまた、自然の中にある事物は皆等価であることを示唆している。だが二人のアプローチは全く異なっている。ウォホールの作品から感じるのは、「死」に他ならない。それは他のシリーズでも同じである。死のメタファーである。この私の作品もシルクスクリーンを使っている。大量生産の商品を題材にして、制作している。

Whether it’s Andy Warhol’s Campbell’s Soup or Monroe, they’re all “equivalent.” Modern master Cezanne has left behind the phrase, “Treat nature with cylinders, spheres and cones.” This also suggests that everything in nature is equivalent. But their approaches are completely different. What I feel from Warhol’s work is nothing but “death.” It is the same in other series. It is a metaphor of death. This my work also uses silk screen. It is produced based on mass-produced products.

CATEGORIES

print work